日記、感想、趣味の話、どうでもいい話、その他色々


by hourensou910

カテゴリ:趣味の話( 15 )

昨日はコマスイの定期演奏会でした。

今年は難しい曲も多かったし、練習時間も去年より少なくって本番に間に合うのか心配でした(^-^;)
しかし、昨日は大成功でした!!!
(何箇所か危ないところがあったけど)
そして感動しました!!!
特に指輪の途中でずれて一瞬みんなが動揺した瞬間に、テンくんが合図を出してくれてみんながそれに合わせて持ち直した時に「テンくん最高!」と鳥肌がたって泣きそうになっちゃいました!
3部ではお客さんのノリもよくてすごく楽しかったです(^0^)/
あっという間に終わってしまったという感じでした。
本当に楽しかった!緊張したけど気持ちよかった!
これだから吹奏楽は辞められないんです(^0^)


私にとって今年の定演はチャレンジ的な部分が多かったです。
ピッコロ専属(だと私は思っております)のかなぶん姉さんが定演に出られなくなってしまったため、私がピッコロを吹くことになり途中までは
「やっぱりフルート吹きたい」
とか
「ピッコロはエキストラの人を呼んで私はフルート吹きたい」
とか言って嫌々やっていました。
ピッコロは1人しかいないしあんな高音域じゃ隠れられないから練習しないワケにはいかないのですが、何分私もなかなか多忙のため練習する時間をとれるのか心配だったのです。そして私にとってピッコロはフルートより精神力の必要な楽器なのです。でもかなぶん姉さんやKつさんやいろんな人が励ましてくれて、心を入れ替えてピッコロ一筋で頑張ることにしました。

ピッコロは中学高校の頃よく吹いていたけれどそれっきりだったのでなかなか勘が戻らなくて苦労しました(>-<)
まず音を自由に出せなかったし音程なんて全然とれなかったし・・・。
ピッコロいやいやと思いながら吹いていても上手くなれるワケがないと思い、フルートのことは忘れることにしました。
それにしても何度も「フルートを吹きたい」という思いと戦いながらも頑張ってピッコロを練習して以前のように普通に吹けるくらい回復し、ここ1、2ヶ月は楽しく吹けました♪
でもピッコロも好きだけどでもやっぱり私が本当に好きなのはフルートの2ndなのです(^v^)v
だから今日は本当に久しぶりに思う存分フルートを吹こうと思っています。
でもでも今年はピッコロを吹けてとてもいい経験になったと思います!
精神的にもちょっと強くなれた気がするし。
1万円という破格値(!)で譲っていただいたピッコロも日の目を浴びることができたし。


そんなこんなで約半年間自分と戦いました。
無事定演を成功させることが出来て本当にヨカッタヨカッタ!


が、しかしここからが一大事でした・・・


無事定演が終わったという解放感からすごく気持ちよくなってしまった私は打ち上げで調子に乗ってお酒をけっこう飲んでしまったのです(>-<)
私のある意味酒豪っプリをご存知の方は想像がつくと思いますが、見事につぶれてしまいました。
最近寝不足気味だったしお酒も全然飲んでいなかったということもあったせいかすごく酔ってしまったようで、あまりの眠さに耐え切れず寝てしまいました(^-^;)
若干記憶が危ういのですが色々な方にご迷惑をおかけしてしまったようです・・・。
フラフラで歩くことが出来なくってTtnさんにかついでいただきました。
(相当重かったですよね、ゴメンナサイ)
そしてえびやどんちゃんが私の荷物を持っていってくれたようです。
(行方不明になりかけた私の荷物までさがしてもらっちゃってゴメンナサイ)
それだけは分かるのですが後はよく分かりません(>0<)
誰かが私に何か話しかけていたような気がするのですがよく分かっていませんでした。
ゴメンナサイ・・・。

皆さん本当にすいませんでした・・・。


でも白木屋で一眠りしたら復活して無事家に帰ることができました。
本当にゴメンナサイ・・・。
以後気を付けます(^-^;)


聴きにきてくれた田■くん(うしうしが来られなくなくなっちゃたのに1人できてくれて本当にありがとう!)、モエちゃん(ステキなお手紙とお菓子ありがとう!)、■畑くん(彼女さんによろしくです)、就職先の院長先生とご家族様(お花ありがとうございました)、本当にありがとうございました!
オー次郎は大感激です(;-;)

そして今日はデモCDを聞きながらこの半年の思い出に浸ってさみしくなっています・・・。
演奏会が終わるとホッとするのと同時に
「もうこのメンバーでこの曲をやることはないんだろうなぁ」
という思いでさみしさがこみ上げてきて切なくなります。
でもこんなステキなコンサートに参加することが出来て本当によかったです!
ありがとうございました!
コマスイ万歳!!!

来年もいい定演が出来るように頑張ります!!!(^0^)/


そして今日からは気持ちを入れ替えて年末まで突っ走ります!
あぁでも遊びたい・・・。
ジジ&ダダと海に行きたい★
ディズニーのチキンリトルが見たい★
鎌倉に行って江ノ電に乗りたい★
水族館に行きたい★
こないだビデオにとった映画が見たい★

そんな願望を胸にがんばります!
[PR]
by hourensou910 | 2005-12-12 10:52 | 趣味の話
一昨日からひたすらスプリングマーチを聞いています♪
はっきり言って相当しつこいです(笑)
でもどうしても聞きたいんです!


スプリングマーチは本当にいい曲です!!!


昨日の日記にも書いたように私は実際に吹いたことはないのですが、ある意味自分が演奏した曲より思い入れのある曲です。


なんて考えながらこれまでの吹奏楽人生を色々思い出していました。
T瀬さんがくれたCDにスプリングマーチ以外にも知ってる曲が何曲か入っていて、思い出がよみがえってきました。
なので今日は私の吹奏楽人生を振り返ってみようと思います。



★ オー次郎の吹奏楽年表 ★

・小学校2、3年生→フルートに憧れ4年生から入れる吹奏楽部に入りたいと思うようになる

・小学校4年生→吹奏楽部に入部を希望するが人気のため入れず。何度も顧問の先生にお願いするが結局入れず。しかし哀れに思った両親がフルートを買ってくれて週1回おけいこに通い始める。

・小学校5年生→念願の吹奏楽部に入部。今思えばとりあえず音が出ているだけの演奏だったが当時は大満足。

・中学1年生→もちろん吹奏楽部に入部。 この年のコンクール課題曲である「スプリングマーチ」と出会う。 基本的には1年生はコンクールに出られないので先輩の演奏に憧れる。特に当時の3年生は私の永遠の憧れ(笑)。この年は全国大会へいけたため自分も絶対全国にいくと決意する。そして先輩の音楽と楽器を愛するが故の厳しい指導(若干私的感情込み)に耐え、吹奏楽の基礎を学ぶ。

・中学2年生→念願のコンクール出場。合宿の厳しさを体験する。しかし全国大会にはいけず。

・中学3年→1年間ピッコロ担当になる。Esクラと音程が合わず苦しむ。が、全国大会にいくことが出来て努力が報われる。ちなみにこの時の自由曲「4つのスコットランド舞曲」(アーノルド作曲)は私の思い出の曲No.2。さらに東京交響楽団とのジョイントコンサートなんてことも体験する。

・高校1年→ちょっと悩んだがやはり吹奏楽部に入部。しかし部活をしていない友達がバイトをしたり遊んでいるのがうらやましくなり退部しかける。卒業する3年生からの辛くても続ければ何かしら得るものはあるという言葉で思いとどまり吹奏楽部に居残る。

・高校2年生→コンクールではピッコロを吹く。そして2度目の全国大会出場。この時の自由曲「ベトナムの回顧」(キリングハム作曲)は私の思い出の曲No.3。この頃自分が小心者だということを自覚する。

・高校3年生→気の強さ故に私の小心者さ加減にイラついたと思われる後輩にいじめられながらパートリーダー(3年生が私しかいなかったため)として頑張る。コンクールでソロを吹くが緊張のあまりとちる。そのせいか分からないが予選落ちしてしまう。しかしディズニーランドでの演奏権を得てクリスマス直前のディズニーランドで凍えながらマーチングもどきの演奏をする。最後の演奏会ではコンクールでの失敗がトラウマになり申し訳ないという思いからもうソロをやりたくないと泣いて先生を困らせたが説得されて、「小組曲」(ドビュッシー作曲)の1楽章「小船にて」をなんとか成功させる。(ちなみにこの曲は思い出の曲No.4)しかし完全燃焼し疲れきったためしばらく吹奏楽から離れることを決意。

・短大生→まるまる2年間吹奏楽とは縁のない生活をする。今まで部活三昧で休日なんてほとんどなかったため休日の使い方が分からず戸惑う。

・ひきこもり時代→何かしなければと思い偶然見つけた吹奏楽団立ち上げに加わる。しかしすぐに消滅してしまい立ち上げの難しさを痛感。そこの楽団にいたホルン吹きにピッコロをもらう(おそらくどんなに安くても20万はするであろうハンミッヒのピッコロを1万円でゲット)。その後そこで知り合ったFさんが見つけたコマスイに入団。

・現在→リード・ストラップ・ピアノ椅子に憧れながらも結局は1番好きなフルートを続ける。最近は定演に向けてピッコロに集中。

・今後→長年憧れているクラを勉強する予定。さらにはバスクラも。



自分の過去を振り返ってみると辛いこともたくさんあったけどそれ以上にいい経験をしてるなぁとすごく思います。

そしてこれからも吹奏楽を続けていこうと思うオー次郎なのでした♪
         
          
[PR]
by hourensou910 | 2005-11-14 11:40 | 趣味の話
昨日のコマスイの練習(日曜日だけどあったんです)は例の作戦を実行してみました。

といってもシュナストラップとシュナシャーペンはまだ買いに行っていなかったので、わらべ唄の合奏直前にケータイを開いてジジ&ダダの待ちうけを見て自分に出来る出来ると言い聞かせました。
そしたら土曜日より出来ました!!


やりました!!!作戦成功です\(^0^)/


そして今日はさっそくハチ公ショップに行ってきました。
しかしシュナストラップはあったんですがシュナシャーペンはありませんでした・・・
でもストラップだけでもあってよかったのでヨシとします!

これで来週からは大丈夫♪
(と自分に言い聞かせてます)


今日は文字を太くする方法を発見しました。また一歩現代社会に追いついた気がします★
[PR]
by hourensou910 | 2005-10-24 19:59 | 趣味の話
今日のコマスイの練習は分奏でした。

そしてさっそく私の小心者ぶりが見事に発揮されてしまいました・・・
わらべ唄2楽章の高いGの音が出ませんでした(;-;)
さほど高くない音だししょっちゅう吹いているはずなのに。3楽章ではGより高い音もちゃんと吹けるのに。
しかもあせればあせるほどパニックになってどんどん出来ない・・・
家で練習してる時はたいてい出るし休憩中に吹いてみたらやっぱり出たというのに、なんで
つかまると出来ないんだろう・・・

しかししょんぼりした気持ちで帰る道々ちょっといいことを思いつきました★


名付けて「リラックスして練習の成果を発揮しよう作戦」。

どんな作戦かというと、中学の時にコンクールでソロを吹くことになった友達がリラックスするために楽譜のいたるところに彼氏の名前を書いていたことにヒントを得て思いついた作戦です。
私の場合現在彼氏に該当する人はいないので、彼氏に匹敵する(もしくはそれ以上かも!?)
愛犬ジジ&ダダをいたるところに忍ばせてみよう!というものです。
①まず渋谷のハチ公ショップでミニチュアシュナウザーのシャーペンを買って譜面台に置きます。
②そして同じくハチ公ショップでミニチュアシュナウザーのぬいぐるみストラップも買ってケータイにくっつけてポッケに忍ばせておき、パニックになったらさりげなく譜面台にのせて視界に入るようにします。また時計を見るふりをしてストラップを触ります。ついでに待ちうけのジジ&ダダも見ちゃいます。
③さらに楽譜の隅っこにジジ&ダダの写真を切り取って貼ります。

これならきっと大丈夫!うまくいく気がする!!!

さっそく月曜日に学校帰りにハチ公ショップに行こうと思います♪


そして休憩中に慰め?励まし?てくれたKつさん、せっかく声をかけてくれたのにかわいげのないことばかり言ってゴメンナサイ。
あの時はまだパニックで自分が何を言っていたのかよく分かりませんでした。
次回からはパニックにならないよう頑張ってみます!


ついでにジジ&ダダの隣に名前を書くような人もできるといいな(^v^)/なんて。


そんなワケで今日はバイトもしたしクタクタでしたが、どうしてもこの作戦を書いておきたくてせこせことパソコンに打ち込みました。明日もバイトだしもう限界です。
でも私は落ち込んでもサザエさんかのごとく明るく頑張ることを決意しました!
[PR]
by hourensou910 | 2005-10-23 01:08 | 趣味の話

小心者(10月21日)

実は私はかなりの小心者です。(運転中を除きます)
人前に出るなんてことは出来ればしたくないタイプです。
カラオケなんて特に苦手で、なんで人前で歌うのが楽しいのか理解できません(>。<)
そんな私がなぜ吹奏楽を続けているのでしょう???
私にも分かりませんが楽器を吹くことは大好きです。合奏も大好きです。
しかし一人もしくはパートだけで吹くとなると緊張して、普段なら何なく出来ることも出来なくなってしまったりします。
その昔はチューニングをするだけでも緊張して音が震えてしまいました。
そんなワケでソロなんてもってのほかです。アンサンブルでギリギリです。
こんな私ですが今回の定演ではピッコロを吹くことになり、この機会に小心者から脱出したいと思っています!
とりあえず失敗したらどうしようとか音程がひどかったらどうしようとか怒られたらどうしようとか色々考えるのをやめて思いきり吹いてみようとしています。
が、なかなか上手くいきません(;-;)
小心者から脱出出来るよい方法をご存知でしたら是非教えてください!
そして私と同じように小心者で悩んでる方がいらっしゃいましたらご連絡ください。
仲間がいた方が心強いし一緒に頑張りましょう!(^0^)/
そんなこんなで私なりに頑張っているので、これからもよろしくおねがいします★
[PR]
by hourensou910 | 2005-10-21 23:13 | 趣味の話